271月

間人蟹③

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。昨日お越しいただいた溝尻さん。亡くなったご主人が

間人のご出身だったそうです。間人の向地地区にあった履物屋さんが実家に

なります。私が小さい頃はここで靴を買って貰っていた記憶が・・・。そういえば

赤い長靴をチョイスしていたとお袋が笑っていました。お袋の言葉をそのまま言うと

「どれがええいうて聞いたら赤きゃー(赤の)長靴を履ゃーて脱ごうとせんだもんに、

男が赤ゃーのがええだいうて困っとった!」と・・情けない顔をしていたお袋(笑)。

あ、幼稚園の頃、あの長靴はここで買って貰ったんだ・・と今思い出しました(爆)。

 

         アホなこと言ってないで、一昨日の続きで間人蟹を・・・、

 

            厳冬に船を出して格闘する男達(漁師さん)。

 

 

          板一枚下は地獄と言われるほどの冬の日本海・・・。

 

   まだまだ夜明けには程遠い午前1時に間人港を出発・・・。考えただけで寒く

なりますね(笑)。現在では底引き漁船(もや)も5隻だけ・・・。そのもや達が一斉に

船出するのが夜中の1時・・・。そして荒波と格闘しながら2時間で漁場へ到着・・・。

 

   深夜3時にカニ漁の開始・・。そして約8時間船上で仕事をします。

 

   お昼1時過ぎに間人港へ帰港・・・。休む間もなく漁師の手でチェックされて

セリ場へと運ばれて行きます。そこでは漁師のおかみさん方が待っており、

再びカニをチェック&チェック!両者のコンビネーションで丁寧に扱われたカニが

セリ場へ並べられ、大きな掛け声と共にセリが始まるのです。

下の写真左は帰って来る「もや」、右が船上で格闘する漁師さん達です。

 

 

 

 

 

そしてもう一枚・・、仲買人(魚屋さん)の皆さんが競り落とす様子です。

 

 

 

 

 

 

で、おまけ(笑)の写真は赤い長靴を履いている私です(爆)。昭和の匂いがプンプンし

ていますね・・。

   皆さん、こんにちは。昨日はサッカー・アジアカップの決勝が行われました。

ジャパンはPK戦を制し見事な勝利!!

 

   前半23分にPKを決めた韓国・・。しかしその13分後(前半36分)に本田から

長友にスルーパス、長友はドリブルで持ち込みDFをひきつけてから折り返して

最後は前田が押し込む・・。完璧な崩しから同点に追いついたジャパン・・・。

 

   その後は一進一退で両国ともに得点できません。しかし延長前半にPkを得た

ジャパンは本田がキッカーで・・・ゴール・・・かと思っていたら・・・、あらら、相手

韓国のゴールキーパーに弾かれてしまいます。見事なセーブ・・・、しかしここで途中

出場の細貝が出だしよく蹴り込みゴール!それにしても監督・ザックの選手起用は

冴えてますね。送り出した選手が得点するパターンが多い・・・。これでジャパンの

勝利かと思いきや、韓国も粘り後半終了間際に同点ゴール・・・。そして試合終了・・。

 

   ジャパンにとっては嫌な流れでのPK決着・・。しかしここでもザックの選手采配が

冴えます。先頭は先ほどPKを外した本田を起用・・。気持ちの強い本田は見事に

その起用に応え成功・・!そして守護神川島は一つのゴールも許さずジャパンの勝利!

 

   いや~、この試合もしびれました・・。PK対決の時には息を止めて応援したほど

です(笑)。

 

   韓国もいいチームでしたね。フェアープレーですごく好感が持てます。監督のチョ

さんの指導もすばらしい。ジャパンの長谷部が倒れていた時には韓国選手に外に蹴り

出すよう指示していました。韓国には三位決定戦で頑張って貰いたいものです。

   

   最後に両チームを率いるザックとチョ監督・・。試合終了直後に握手をして健闘を

称えあう姿が印象的でした(拍手)。

下の写真、右はザッケロー二監督、そして左が守護神川島くんです。

 

   

251月

間人蟹②

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。今夜、日本時間の22時25分からサッカー・アジアカップの

準決勝、韓国戦がありますね。厳しい戦いになるでしょうが、頑張って勝利して欲しい

ものです。

 

              ではでは、今日も・・、昨日の続きで・・・、

 

 

 

                  間人蟹とは・・・、

 

   山陰地方ではズワイガニを松葉ガニと呼んでいます。松葉ガニは地元の

特産物として、北海道や海外産のズワイガニとは分けて扱われています。その

松葉ガニの中でも丹後の港で水揚げされたものだけに緑色のタグが付けられて

いて、間人ガニは「間人港」の文字と船名が書かれています。(下の写真のタグ)

 

 

 

 

 

   丹後のカニの漁場は丹後半島の沖合いにあり、水深200mから300mのところに

生息しています。間人港はこの漁場まで一番近くわずか30キロの距離・・・。

 

 

 

 

 

 

                また・・、昨日申し上げたように・・・、

                究極のチェックが構築されています。

                それは三段階によるものですが・・、

           一番目が船上で漁師自らがカニの選別を行います。

   そしてセリにかけられる前に再度漁師のおかみさんによってランク別に選別され、

            最後に仲買人による厳しいチェックが行われます。

 

   こうして仲買人の手によって地元の旅館、民宿へ卸されているのです。当店にも

厳選された間人ガニを送って貰っています。お客様の評判もすこぶる良くて、お食事を

楽しんでいただいております。取引先(地元の魚屋)は平七水産、まるなか水産です。

両社共に安心できる魚屋さんですよ。

 

               では、次回・明後日は漁に出る漁師さんの一日を・・・。

241月

間人蟹①

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。毎日寒い日が続いてますね。間人では先日まで続いていた

寒波で海も荒れていてカニ漁船も出港できなかった日が多かったようです・・。先日

聞いた間人の魚屋さん(平七水産)からの情報です。

   尚、今日から3回に分けて書いていくこのテーマ(間人蟹)は平七水産の大番頭

・東成彦くんから資料を提供していただいております。この場をお借りしましてお礼

申し上げます。

 

              ではでは、今日は間人蟹について・・・、

                       おっと・・・、

         

                   間人蟹の説明の前に・・・、

 

                  間人港について軽く・・、

 

   昭和の初めから昭和40年代の頃まで小さな山合いの港(間人港)は、当時

最高の賑わいをみせていました。毎日が大漁でイカ、魚、カニ等が船に山積されて

おり、カニをおやつとして食べたという今では信じられない時代もありました。

 

   カニが激減したのが昭和50年頃から・・。一番多く獲れていた頃に比べ

十分の一にまで減ってしまったそうです。そこで漁業者や行政、研究者が一体

となり施策をうち、現在では丹後のカニを守り育てるということに重点をおいて

様々な努力がなされています。

 

   カニは水揚げされたあと、味がおちるのが凄く早く、生きていても時間と共に

どんどん痩せていき同時に旨みも落ちていきます。したがって獲れてどれだけの

時間が経っているかでカニの美味しさは決まるという事なのです。

 

   間人はカニの漁場に最も近く、船も小さい為に海上で停泊することなく

日帰りで漁をし、帰ってすぐにセリにかけられ食膳に出せる・・・、さらに間人ガニが

究極と言われるのは鮮度だけではないのです。それはその味を守る為に様々な

人の手によって身詰まりや大きさ、キズや色、また形の善し悪し、成長の度合い

などの品質を厳しくチェックしているのです。

 

      では明日は「間人ガニ」の漁場とチェックなどについてもう少し詳しく・・・。

下の写真左は間人港と底引き漁船(間人では「もや」と言います)、、右が間人蟹です。

   皆さん、こんにちは。最近深刻化している問題が外資の土地買収です。特に

目立っているのが中国・・。この国は自国で土地を買っても70年以内には国へ

返さなくてはなりません(なんちゅう国や!)。北海道の水源地や山林の買収が

報道されていますが、他にも中国資本が企業を買収して中華街のような街を

作ったり、中国領事館が市中心部の広大な土地を買収しようとしたケースもある

そうですよ。背景には、経済成長著しい中国に期待している者たちがいるのでしょう

が、中国の席巻によって危惧される景観や治安といった面を警戒していない・・。

 

                  千葉県木更津では・・、

      中国資本に買収された老舗ホテルの前に大きな中華門を建てて

地元民を驚かせたなど、各地でその兆候があります。また水資源や山林などを買収

されると、その地域は大変なことになります。そいつらから水を買う?ことにも

なりかねません・・・。

 

   京都でも祗園界隈の町屋を買うために来日している中国人が多くいるそうです。

知り合いの不動産が言うには、「相場の2倍ほどで、しかもキャッシュで買う。」とか。

そういえば・・、先日のテレビ放送でその様子を写していました。清水の土産物屋と

嵐山の破綻したホテルがその標的となっていたのですが・・、腹立つのはその仲買を

する日本人のたわけ者がいること。コーディネーターは何をしていい、お金儲けの為

ならそれもいいと思っているのでしょうか・・。

 

   政府は法整備をしないと・・、とんでもないことになってしまう。余計なことばかり

議論してないで、緊急国会でも開いて早くしないと・・・。だいたい・・、中国とのことは

同じ条件で・・、特に土地に関してはウィン、ウィンの形以外はできないようにしない

と・・。日本人があちらの土地を同じ条件で(永久権)買えるようにしないと・・・。

中国人は価値ある日本の土地を狙っています・・。合法的に日本を占領する為に・・。

 

         このままでは30年後の日本はどうなっているのか・・・。

 

                   心配です・・・!

下の写真は京都の不動産を買うというツアーについての記事です。

 

             

 

 

今後のイベント

  • イベントがありません。