317月

熱闘甲子園

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。全国から甲子園出場のニュースが・・・。昨日、一昨日も激闘の試合が多く

各地の予選から熱気を帯びています。有力校が続々と名乗りを上げて・・・・。

 

   神奈川では横浜が延長の末、桐光学園を下しました。また兵庫では東洋大姫路と加古川北が

延長15回でも決着せず再試合。この再試合では終盤疲れの見えた加古川北・井上投手が打ち込ま

れ東洋大姫路の優勝・・。そして和歌山では強打の智弁和歌山が市和歌山の好投手・大野くんから

2本のホームランを含む長打攻勢で7点を取り完勝・・。それから西東京・・・、日大三が早稲田実を

2対1の僅差で破り甲子園への切符を・・・・。

 

                 実力校が勢ぞろいした今大会・・・。

 

             またまた勝手に・・・・・優勝予想第一弾を・・・・!

 

   有力校は九州国際、智弁和歌山、日大三、東洋大姫路、横浜、花巻東、聖光学園、帝京。

この八校を軸にして・・・、何か知りませんが、ここでは言えませんが、作ってください(笑)。

 

   

            今年も暑い、熱い戦いが繰り広げられることでしょう・・。

 

 

                    今日の一品です・・。

   「ソーセージの盛り合わせ」・・。ビールのおつまみにどうぞ!!

307月

   皆さん、こんにちは。昨日は思いもよらぬ悲しい知らせがありましたね。元メジャーリーガーの

伊良部投手がお亡くなりになりました(悲)。まだ42歳という若さです・・・。

 

 

             剛速球投手として一世を風靡した伊良部投手・・。

 

   彼は、沖縄生まれで、兵庫・尼崎で中学までを過ごし、高校から四国・香川県に引越しています。

進学した尽誠学園では甲子園にも出場(87夏の甲子園)しています。一学年下の佐伯選手(中日)は

甲子園へは伊良部さんに連れて行ってもらったようなもの・・とコメントしているそうですよ。

 

   高校卒業後、ロッテに入団・・・。1年目から出場していましたね。清原(当時西武)との対決は

ストレート勝負の平成の名勝負とうたわれ、そのストレートは158キロをマークしました。それから

1997年には大リーグの名門・ヤンキースに入団して活躍後、エクスポズ、レンジャーズを経て帰国。

2002年には星野タイガースに入団して活躍していました。

 

                  本当に惜しい人を亡くしましたね・・・。

 

                  「謹んで追悼の意を表します!!」

 

 

                    ではでは、今日の一品です・・。

   「冷製スパゲティ・TAIZAR風」です。こちらは少し永めにボイルした麺を氷水で一気に冷やし、

その後水を切り、バジル、オリーブオイル、ガーリックなどで作ったソースに和えて、ツナフィッシュを

合わせ、塩コショウで味を整えます。そして盛り付ける時にカテージチーズとトマトのカルチェを添えて

出来上がり・・・。めっちゃ美味しいですよ。どうぞご賞味あれ・・!

 

 

 

 

 

 

 

   また下の写真はありし日の伊良部投手。星野タイガースへの入団発表の時のものですね。

   皆さん、こんにちは。今回の風邪には本当に参りました・・・。扁桃腺の腫れも尋常ではなく、

唾も飲み込めないほどで・・・。そのうち喉の痛みが食道(上の胸の奥まで)?まで痛くなり、何か

嫌な病気になってしまったのかと、落ち込んでしまうほどでした。

   ようやく昨日から店にも出ることができるようになり、ほぼ完治・・?かなと・・・。しかしまだまだ

油断大敵で・・・。病み上がりですので弱々しい声で「いらっしゃいませ!」と言っておりますが、

どうかご容赦を・・・、お願いいたします。

   下の写真は大好きな点滴を二度も打ってもらっている様子です(笑)。同級生が勤務する

「テルモ」の点滴ですよ(笑)。

 

 

   ,

    ところで、先日のこと、朝日新聞に取材された福知山成美の桑原君・・・。取材によると、桑原くんは

試合終了後、相手校の校歌を聞きながら、仲間が涙をぬぐう中、彼はただ一人、前をまっすぐ見て勝者に

拍手を送っていたそう。選手控え室に入ると「しゃあない、しゃあない」と、うなだれた選手たちに声を掛け

ていたんだとか。そして「ほんまに楽しかった。チャンスを再三つくれた。僕らの野球ができた」と・・。

         

                   「桑原くん、ナイスファイトでした!」

   下の写真は福知山成美の桑原主将です。

287月

   皆さん、こんにちは。今日は滋賀大会の決勝が皇子山球場で行われました。

 

           昨年の出場校・北大津と復活した八幡商の対決です。

 

   試合は序盤から北大津が小刻みに3点を先取・・。そして中盤の5回に八幡商が一挙6点をあげ

終盤に1点を返されるもそのまま勝利しました・・・。八幡商・・、見事な優勝です。

 

   私の予想であれば近江が八幡商との準決勝を激戦の末勝ち、決勝で北大津と対戦し優勝・・・、

でした。八幡商は試合のたびに強くなってきたようですね。投打がかみ合い他を寄せつけない試合

展開ばかりでした。準決勝も近江を倒した瀬田工に7対0と7回コールドで勝ち勢いづいていました。

 

   北大津の主戦・岡本くんは魔がさした・・・失点でした。3点リードの5回にセーフティスクイズを

続けて二度も決められ、尚且つ自身のフィルダーチョイス(二度とも)という痛いミスで、アウトカウントを

増やすことなく、相手にチャンスを広げることを手伝ってしまいました。その後連打で4点を追加されて

しまうのですが、このスクイズを一塁に投げてアウトにしていれば、2点の失点ですんだところです。

 

 

   滋賀県のレベルも高くなりました。ピッチャーも整備され、打撃も全国レベルになっています。

この度の決勝でも鋭い振りの打者が多く、甲子園でも活躍が期待できそうですよ。

 

   これで京都からは龍大附平安、滋賀が八幡商と実力校の出場が決定しました。甲子園でも

大暴れして上位に進出して欲しいものですね。

 

   下の写真は昨日、今日と大活躍した八幡商・5番打者遠藤くんのバッティングです。

   皆さん、こんにちは。京都大会も龍大附平安の優勝で幕を閉じました。この大会は台風による

延期(二日間)がありましたが、好天に恵まれ日程も消化されて行きました。例年だと、中旬には

かなり激しい雨が降り、延期となる日も多かった・・・。

 

   今年は2年生に逸材が多くいる大会でしたね。優勝した平安を始め、我が母校の網野、山城、

などなど、今年の秋季大会は熾烈な戦いが待っているような気がしてなりません・・。

 

   福知山成美のスラッガー・桑原くん、彼には甲子園の舞台で活躍して欲しかった・・。彼の才能は

ほんとに素晴らしい・・・。5秒8(50メートル)の俊足、鉄砲肩、鋭く弾丸ライナーと呼べる打撃(彼は

中距離ヒッターですね)と三拍子揃った成美史上最高の選手ではなかったかなと・・・。彼の不運は

1年の夏・・・、同級生の暴力事件で出場停止(1年生のみ)、そして2年の夏・・・、次は寮での暴力

事件・・、またまた出場停止・・・。こんな不運が重なり最後のチャンスだった今年は平安に負けて

しまいました。本当に力があっただけに晴れの甲子園で活躍して欲しかったと思います。

 

             そして、公立校の活躍と言えば・・・、山城高校・・・。

 

 

   山城高校の健闘が光りました。エース桂くんが投打の中心ですが、主将田井くんがチームワーク

をしっかりとナインに植え付けた良いチームでした。最後の平安戦では8回にエースの桂くんが一人

相撲をとってしまいましたが、1年生の岸田くんの活躍など今後に大きな自信となったことでしょう・・。

なんでも中学で岸田くんとバッテリーを組んだ選手(ピッチャー)が入部しているそうで、今年の秋には

頭角をあらわしてくるかもですよ。

 

   下の写真は左が京都大会のメンバー表、そして右はわかさスタジアムの招待券です。20日から

大風邪をひいてしまった私は一番いい試合にも行けずじまいで・・・。日ごろの行いだと自分を納得させ

懺悔の日々を送っています(笑)。


今後のイベント

  • イベントがありません。