118月

常客様

Author: taizar
2011年8月11日

   本日は梶原様、ご来店誠に有難うございます。

また京都市役所・交通局のD様、お久しぶりでございます。お元気そうでなによりです。

皆様、またのご利用を心よりお待ちしております!

118月

感動・甲子園

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。昨日は甲子園まで行ってきた私です・・。このくそ暑いのに・・・、知り合いの

誘いを断ることが出来ず・・・、って嘘です。私が誘いました(笑)。以前あるレストランで支配人として

勤務していた時に片腕として頑張ってくれてた川満くんを連れて甲子園へ・・・。彼は平安OB・・・。そう

です。昨日の第三試合目に登場する平安の応援へと行ってきたのです・・。

 

   第一試合は注目の日大三に日本文理が挑みました。新潟の出身で少なからず日本文理と関係の

ある祇園「セラヴィ」の安達店長からのメールをご紹介すると・・(笑)、「日本文理が打撃戦に持ち込み、

接戦をものにする・・。湯本が打ちまくり、波多野と田村が完璧に抑えます!」と・・。結果は14対3と

大敗しましたが、途中までは・・・、二回に理想的な攻めで2点を先制して3回まではリードしていました。

そして4回に2点を取られたところまでは、この安達くんの読み通りの展開でちょっと驚いていましたよ・・。

   それにしても日大三打線はほんまによく打ちます・・。少々リードされても落ち着いていて、やはり

打撃には相当の自信を持っているのでしょう。ピッチャーの吉永くんもいつでも逆転してくれると信じて

いるのでのびのびと投げていました。この打線の迫力は・・、昨年の興南を思い出します。5点差から

でもひっくり返したあの強力打線を・・・。

 

   また二試合目は開星と柳井学園。この試合は中盤まで緊迫したゲーム展開でしたが、それ以降に

開星が底力を見せつけて5対0の完封勝利・・・。「末代までの恥・・」と世間騒がせた・・・、野々村監督

でしたが、復帰してすぐに甲子園で勝利しています。試合終了後、両監督が帽子を上げてにこやかに

挨拶していましたが、島根と山口・・、この両校は以前から交流があったのでしょうね・・・。

 

   そして第三試合・・、平安の登場です。昨日は新湊との対戦でした。楽勝を予想していたのですが、

なんと終盤に点を取られて1対4の負け・・・。この敗戦は平安・原田監督、ナインにとっては本当に悔しい

敗戦です。1回から続けてチャンスをものに出来ない平安・・・。観客席からもため息ばかりが目立ちます。

いつでも点がとれそうな相手・新湊のエース・・・。油断していたのでしょうか・・・。やはり初回からスクイズ

などを使い点を取っておくべきでした・・・。この部分は監督の采配ミス・・。

   昨日の高橋くんのホームラン・・・、凄かったんですよ!プロ顔負けの「弾丸ライナー」で左翼中段手前

まで飛んで行きました・・。この打球は現場(甲子園)まで観に行った価値がありましたよ・・。

   そして九回の裏・・、ノーアウト2,3塁と願ってもないチャンスを得た平安・・。そして打順は1番打者。

だれもが大逆転のシナリオを描いたに違いありません。この攻撃で1番戸嶋くんはレフトへのライナー・・。

相手レフトは見事にこの打球をキャッチ・・。3塁ランナーはタッチアップからホームイン・・。ところが、相手の

アピールにより、3塁ランナーはアウト・・・。3塁からの飛び出しが早かったとのこと・・・。いやいや、これは

審判の陰謀だ。球場の雰囲気からこんなジャッジを・・・したらあかんやないの!気落ちした次の打者・・、

2番の松下くんは三振をとられゲームセット・・。3番久保田くん、4番高橋くんまで打順が回ればほんとに

面白い展開が待っていたのに、残念でたまりません・・でした・・。平安は惜しい敗戦です・・・。

 

   下の写真は甲子園球場。

   そしておまけの一枚は開星の名物監督(笑)・野々村監督です。この人・・、私服姿が私と一緒(笑)・・。

 

 

 

 

 

 

   それから平安・高橋くんのフルスイング・・。この強烈なフルスイングの後、打球は弾丸ライナーと

なり、左翼席に突き刺さります。

   

   そしてもう一枚、審判の陰謀に?負けてしまい、泣きながら聖地へ向かって合掌そして礼拝する

平安ナイン・・・。この悔しさを忘れず来年への糧として下さい。

今後のイベント

  • イベントがありません。