2511月

   皆さん、こんにちは。もうこの題目はええとお叱りを受けそうですが(笑)、まぁそうおっしゃらずに

読んでやって下さい(大笑)。

 

 

                田母神閣下のつぶやきより・・・、またまた中国への・・・、

 

   閣下「中国に対する冷静な対応、大人の対応という理論も間違っているのです。30年もその対応をして

      きてだんだん状況は我が国にとって不利になっているのにさらに冷静な対応、大人の対応を唱えて

      いるのです。中国に対しては大人の対応をやめて子供の対応をしたらいいのです。」

 

   またまた面白いつぶやきですね(笑)。ちゅうか、左寄りの人が聞いたら突っ込まれること間違いなしで

おます。しかしこのつぶやきも一理ある(大笑)。

 

 

   閣下「日中関係は今が最悪だという報道が繰り返されてます。これを聞くと多くの国民が関係を

       よくするために日本が努力しなければいけないと思います。しかし関係が悪くとも日本に

       とって利益があるのなら、悪いままでもいいのです。外交は仲良くすることが目的ではあり

       ません。国益の増大こそ外交の目標です。」

 

   これもおっしゃる通り・・・、したたかな外交をして中国をギャフンと言わせていただきたい(笑)。

 

 

             では、今日はこの辺で失礼いたすことに・・していいですか?

                             ↑ 

                  誰に聞いているや・・ちゅう話しでおます・・・。

   皆さん、こんにちは。尖閣問題などで中国が先延ばししていた日中韓FTAですが、20日、交渉を

開始するとの発表がありました。TPP交渉もしかり・・、日本の姿勢が試されます。第一回交渉会合は

2013年の早期(3月くらいを目途)に開催する見通しとなりました。

 

 

                        時事通信によりますと、

 

   20日、日本と中国、韓国は3ヶ国による自由貿易協定(FTA)締結に向けた交渉開始を宣言しました。

沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中関係悪化などの影響で、カンボジアの首都プノンペンで開かれた東アジア

サミット(EAS)に合わせた日中韓首脳会議の開催は見送られたが、代わりに3カ国の貿易担当相会合を

開き、交渉開始を表明することになった。

   また日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)など、アジアの16カ国は同日、EASに合わせアジアの

広域的FTAである「域内包括的経済連携(RCEP)」の締結に向けた交渉開始を宣言した。

 

 

   TPPばかりが話題になっていますが、日本にとってはこちらの方が意味あるのではなかろうか・・?

特に農業はきっと有益なはずです・・。おっと・・・、しかし中国は何かと理由をつけてドタキャンしないの

だろうか・・ちゅう疑念が払拭できない私は題目を「FTA交渉開始か?」としたことをご了承下さい(笑)。

 

             今日はちょっとこうじゃげに(生意気に)言ってみました(笑)。

 

                えっ、いつもだと・・?えらいすんません(大笑)!

   皆さん、こんにちは。注目されていた西岡選手がタイガース入りを決めました。元々はセカンドが守備

位置ですから、鳥谷との二遊間コンビは相手からすると脅威になるかも知れませんね。そして彼はスイッチ

ヒッター、甲子園の申し子となるのか・・・!!しかし・・、若い選手を育てる方針はどうなってもうたんやろ?

 

 

   19日、ロッテで活躍した西岡選手がタイガース入りを決めました。これによってセ・リーグが面白く

なりそうです。スイッチヒッターの彼の打撃には定評がありますが、それは右の打席では強振してホーム

ランも狙え、また左では当てにいく癖があるとのことです。甲子園は右打者有利の浜風が吹き、このこと

からも相手チームからすれば脅威となること間違い無し・・・。

 

   西岡選手は元々左打者でしたが、ロッテ時代の2004年に高橋慶彦コーチの指導で両打ちに挑戦

していました。そして見事な打撃を習得しています。それからというものは右打席での強打は実証済みで、

大リーグに行く前の年、2010年には左打席で・・、498打席で6本塁打だったのですが、右打席では

194打席で5本の本塁打をかっ飛ばしています。また左打席での当てに行く打撃は、ゴロになり易く

甲子園の土のグラウンドでは、ゴロの勢いが死にやすい上にイレギュラーバウンドになることも考えられ

ます。甲子園球場は俊足の彼にとって理想のグラウンドいえるでしょう。

 

   甲子園球場・・・、まさに西岡選手には最高の環境ですね。さて、西岡選手が「甲子園の申し子」と

なるのか・・、猛虎ファンから拍手喝采を浴びるのか・・・、来シーズンが楽しみですね!!

2211月

   皆さん、こんにちは。橋下氏への誹謗中傷のみならず、差別問題を蒸し返した週刊朝日は20日発売の

11月30日号で10ページにも渡る検証結果や再発防止策を掲載しましたね。橋下氏は大阪市役所での

謝罪にて一件落着としていましたが、この度の週刊朝日の態度で完全集結となるようです。

 

 

   週刊朝日の尾木編集長代行は、「橋下市長と家族、さらには多くの方々を傷つけ、愛読者の信頼を

裏切ったことを深くお詫びいたいします」と改めて謝罪していました。また本文の中の謝罪としては、「週刊

朝日の90年の歴史の中で『非常に深刻な過ち』と位置づけ、「二度と繰り返さないよう肝に命じます」として

います。

 

 

   それにしても・・、これを書いた佐野眞一というおっさんは本当に反省しているのだろうか・・?

橋下氏に対しての記事も、このおっさんに言わせれば正当化されている。

   例えば、「公人の人物評伝を書く時には、その人の生まれ育った環境や文化的歴史的な背景を取材

し、家族の歴史を過去に遡って取材することは、自分に課したいわば私の信念です。」だとか、「取材で得た

事実を全て書くわけではありませんが、取材の自由は保障されなければなりません。それが許されなけれ

ば、まさに言論と表現の自由の危機です」と平気でぬかしています。

 

   まったくおのれの信念で事実を捻じ曲げて、想像を入れながら記事にすることが言論の自由なんか・・、

ちゅう話しでおます。まったくええ加減に千日前!

 

   それから安倍自民党総裁への指摘が朝日新聞の使命だとかと言う朝日新聞の論説委員も同じことが

言えますが、この佐野氏も「橋下氏」への好き嫌いで文面を考えているふしがあり、これが言論の自由だと

言えるのだろうか・・・。

 

            ついでに・・、「各週刊誌編集長諸君、もう嘘は書くな!!」

   皆さん、こんにちは。19日にヤンキースのイチロー選手がWBC不参加を表明し、これで国内の選手のみ

で出場することになりました。

 

 

                   スポーツニッポンによりますと、

 

   米大リーグからFAとなったイチロー外野手が、来年3月に開催されるワールド・ベースボール・

クラッシク(WBC)の日本代表入りを辞退することを19日、明らかにした。日本野球機構もイチローと

黒田投手が日本代表入りを辞退したと発表した。

 

 

   これで国内組で本番に臨むことになります。ダルビッシュ、岩隈、青木、川崎らは既に辞退の意向を

山本監督に伝えていて、そしてこの二人の辞退が決まりました。なんだか盛り上がらない大会になりそう

ですね・・・・と、言いながら夜中まで応援する私は可笑しいでしょうか?いや、可笑しくない・・、私はそう

いう奴です・・、きっと・・・(笑)。

 

 

   元々からアメリカでは盛り上がっていないこの大会・・、熱くなっているのはアジアの国々のような

気がしています。それでも負けると悔しいのが本音ですね・・・。開催以来2連覇のサムライジャパン。

3連覇を目指し頑張って欲しいものです。

今後のイベント

  • イベントがありません。