182月

危うい日本の教育

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。教育設計・・、小学校から教育が危うくなっています。人にとって一番大事な

命というものを軽く考えすぎている・・。大阪府で小学校の統廃合に向けたことでわずか11歳という子供が

自殺という悲しい死に方をしています。もっと命の大切さを教えなければならない。

 

 

                      時事通信によりますと・・・、

 

   大阪府大東市で列車に飛び込み自殺した市立小5年生の男児(11歳)が、「どうか一つの小さな

命とひきかえに、とうはいごうを中止してください」などと書いたメモを残し、統廃合による母校の閉校

中止を求めていたことが15日、男児の祖母(76歳)への取材で分かった。

 

 

   本当に困ったものです。自殺すれば何かが変わるという短絡的な考えで自ら命を絶ってしまう・・。

中学、高校生の自殺を大きく取り上げて報道することが良いことなのかと疑問に思う・・。この子も

こういった報道から自殺へと踏み切ったのではなかろうか・・。

 

   またやっぱり思うのは小学生からの教育を考え直して欲しい。勉強だけではなく、道徳や命の

大切さを教える時間を増やし、子供たちにレクチャーしてもらえないだろうか・・。幸いにも、土曜日の

授業を行う方向で準備しているので、せめて週一時間でもこの時間を作っていただきたい。教師の

中には土曜の授業に反対している輩もいるようですが、彼らには教師を志したことを思い出し、聖職

であろう職業を全うして貰いたいと思います。もうこんな悲しい事件が二度と行われないように!!

182月

常客様

Author: taizar
2013年2月18日

本日は石〇様、ご来店誠に有難うございます。

また庄司様、いつもお世話になり感謝申し上げます。

皆様、またのご利用を心よりお待ちしております!

今後のイベント

  • イベントがありません。