93月

常客様

Author: taizar
2013年3月9日

本日は〇田様、ご来店誠に有難うございます。

また人見様、積様、大原様、いつもお世話になり感謝申し上げます。

そして祇園「ポコワポコ」の京美ママ、今夜も有難うございました。

皆様、またのご利用を心よりお待ちしております!

   皆さん、こんにちは。昨日のWBC・第2ラウンドはジャパンが台湾に何とか競り勝ちました。この試合、

両チームの力は互角?・・、最後はジャパンの諦めない攻撃と投手陣の踏ん張りで何とか勝利・・。

   またもう一試合はオランダが世界ランキング1位のキューバに勝つという番狂わせがありました。

キューバの投手陣が序盤から相手オランダに打ち込まれて失点を重ね、また12安打を放って2得点という

キューバの拙攻にも助けられ勝利しています。オランダのミューレン監督はヤクルト在籍中に野村野球を

身につけ、この試合でも、走者を2塁においた場面で、バントを4つ成功させて得点に結びつけています。

オランダ・・・、空中戦だけではなく、日本のお株を奪うスモールベースボールを身に着けており油断でき

ない相手にまで成長をしていますね・・・。

 

 

   サムライジャパンは台湾先発の王投手をいかに打ち崩すかが焦点でした。先発は能美くんが務め、

攻撃は1番角中くん、2番井端くん、3番内川くん、4番阿部くん、5番糸井くん、6番坂本くん、7番中田くん、

8番稲葉くん、9番鳥谷くんというスターティングメンバー。このメンバーが力を発揮すれば勝てるか・・・(笑)。

 

   ジャパン先行でプレイボール・・、好調井端くんと内川くんがヒットで出塁したもののちぐはぐな攻撃で

無得点。また能美くんは一回を無難に抑えます。しかしちょっと力が入りすぎていて心配になります・・。

その予想はあたり二回は四球などで1,2塁のピンチ・・、ここは相手の打ち損じに助けられ無失点・・。

   

   三回のジャパン、稲葉くんがセンター前にヒットを放ちバントで2塁まで行ったものの期待された

角中くんと井端くんが内野ゴロに倒れ無得点。そして私の悪い予感が的中してしまったのが三回の

能美くんのピッチング・・、一人相撲で押し出しの四球を出し1点を先制されます。こんなピッチングを

していたら味方野手も疲れるというもの・・、相手の打ち損じもあるのだからストライクを投げる勇気を

持たないとあきまへん・・。能美くんの課題が浮き彫りになってしまった投球でした・・。

   

   取られたら取り返せとばかりに四回も得点できそうな場面でしたが、相手ショートのナイスプレーが

二度も続き無得点・・・、惜しい攻撃でした。そして五回も同じくチャンスを迎えましたが、またしても無得点

に抑えられます。ここまで毎回のチャンスがありながらあと1本が出ない展開・・。こんな試合は負けてしま

うのが野球です・・。それでも・・、もし勝てるとしたらこれは両チームの間にはかなりの力の差があるという

もの・・。

   

   ジャパンは八回にビッグチャンスをつかみます。この回、井端くん、内川くんの連続ヒットでノーアウト

1,3塁、ここで登場が4番阿部くん・・、彼はこういう時に必ず打席が廻ってきて結果を出します。その期待

通りにライト前に痛烈なヒットを放ちまず1点、糸井くんがバント失敗しますが、坂本くんが三遊間を抜く

同点打を放ち振り出しに戻します。テレビを観ていて疲れてしまった私ですが、少しだけ気合が入って

きました。「あ~、しんど!!」・・と独り言を言っていたら・・、さっきまでナイスピッチングで二回を完璧に

抑えていた田中ま~くんが打たれた・・、あかんがな・・。阿部くんとの意気がぴったしだったのに・・・、

阿部くんはさっき代走で代わってしまっていて、交代した相川くんのリードが単調で連打を打たれている。

ここもベンチワークのミスですね。こういう時はバッテリーごと代えないとあきまへん!!あきらかにリード

も違うし、ストレートばかりを狙い打たれていた・・・、これで万事休すか・・・、半ば諦めていた私です・・。

   

   しかししかし最終回の攻撃でジャパンは意地を見せます。フォアボールで出た鳥谷くんがツーアウト

から盗塁というギャンブルに出て見事に成功・・。この時ばかりは長嶋監督の采配か(笑)と肝を冷やしま

した(笑)。余程の自信がないとそんなこと出来ない。ベンチからは「行けたら行け」、そして1塁コーチャー

の緒方くんの「クイックが早くない」と言う塁上での会話もあり二盗を決行・・。この時ばかりはさすがの私

も「おっとらしゃ!!」と叫んでいました。このチャンスに男・井端くんがセンターへライナーのヒットを放ち

鳥谷くんが生還・・、同点としました。この井端くんのバッティングは前回のイチローくんを彷彿させるような

素晴らしいものでしたね。ライトを狙い打ちする彼には簡単に外角へは投げてきません。それを見越した

ように内角の球ををおっつけながらセンターへはじき返していました。

                    

                  「男・井端くん、素晴らしいヒットです!」

   

   そして延長に入ってすぐに中田くんのあわやホームランかというレフトへの大飛球で1点を取り、そのまま

逃げ切りに成功・・。サムライジャパンの見事な勝利でした。

 

   

   それにしても・・・、毎度のことながら・・・、この大会はしびれる場面が多くて見ていて疲れます・・。

素晴らしい試合をした彼らに感謝ですね。勇気を貰えています・・・。

 

   明日は2次ラウンド準決勝・・、強敵・オランダとの対戦です。この試合に勝ってすんなりと決勝ラウンド

へ進出していただきたい・・。

 

              「サムライジャパンの皆さん、応援しています!!」

 

 

   それから最後になりますが、昨日の試合では美しい風景も見られたようです。台湾の選手は紳士的で

試合に集中していましたね。デッドボールを受けた選手も淡々として一塁に向かい、試合中も相手を挑発

するような行為はなかった。監督も「あと一人まで追い詰めた・・、感動している」と潔い言葉を残していまし

た。また観客席では日本人が台湾の旗を持って応援したりと両国の友好ぶりが出ていた。東日本大震災

では多くの義援金を集め寄付してくれていた台湾国民・・、この日に観戦に来たある日本人は、「東日本

大震災の時に、台湾から多くの援助を貰ったにもかかわらず、当時の政府(民主党)は感謝の意を示さ

なかった」と日本、台湾の旗を持ち応援していたらしい。

   これを受け・・、ある台湾の新聞は「試合で双方は敵同士であったにもかかわらず、日本人は台湾

民衆の温かい支援に感銘を覚えて感謝し、台湾を応援するプラカードも掲げていた。敵であり友である関係、

こんなシーンはおそらく日本ー台湾戦でしか見れないだろう」と書いていたらしい。

 

               「台湾の第2ラウンド突破をお祈りしております。」

今後のイベント

  • イベントがありません。