304月

   皆さん、こんにちは。高野連は今夏に開催される弟95回全国高校野球選手権大会で、休養日を設ける

ことを決めています。これは良いことですね。甲子園で優勝しようと思うとやはり二人のピッチャーが必要と

されていますが、この休養日は必要であると思っています。出来たら地方大会も同じような日程を組むこと

が望まれます・・・。

 

 

   弟95回高校野球選手権大会の運営委員会が25日、大阪で開かれ、選手の健康管理や公平性を

考慮し、準々決勝の翌日をを試合のない休養日にすると決めたそうです。昨年までは準々決勝を二日に

分けていましたが、やはり不公平感があったように思います。今年からは準々決勝を一日4試合にして、

翌日を休養日にしようと決めたらしい・・。

 

               ここまではよいと思うのですが・・・、ここからがあきまへん!

 

   というのは、準々決勝までに順延が三日以上は休養日を設けないとしている・・。これってあかんやん。

選手のことを思う休養日と違うん?プロ野球との兼ね合いもあるのだろうけど、そんなことは話し合えっちゅう

ことですわ・・・。

 

   最後はいつものごとく”ぼやき”になってしまったことを丹後の海よりも深く反省し、この辺で失礼

いたします!!

   皆さん、こんにちは。安倍首相は参議院選で憲法96条の改正を焦点にすべく発言されています。

この憲法問題に関しては公明党が賛成することは難しい・・・。となれば・・、自公連立が壊れてしまうの

だろうか・・・。昨日の朝の番組「新報道2001」でも自公の足並みが揃わないような発言が気になりまし

た。あっ、この番組の司会者・須田氏はいいですね、司会業に徹しています。それからレギュラーコメンテ

ーターの平井氏、そしてもう一人野村氏も常識的な発言をし安心して見ていられます。

 

                   おっと、また話しが逸れてもうた・・(笑)。

 

 

   今月13日のNHK番組で、あるいは先日の党首討論の場で、日本維新の会・石原共同代表は自民党

が公約に掲げた憲法改正について「公明党は非情に躊躇している。自公連立政権で、一番大事な憲法改正

が出来るのか?」と疑問を呈していました。このことは私のような凡人でも気が付くことです・・。いったい

どうされるんやろか・・・?

 

   公明党は自民党と連立を組んでからはまともな政党へと進化しています。しかしながらこの憲法の

改正だけは出来ないだろう・・。さて、安倍首相はどのようなマジックを使うのでしょうか・・?

   皆さん、こんにちは。プロ野球が盛り上がっていますが・・、今日は審判員が呟いた言葉を紹介しようと

思います。元セ・リーグの審判員・篠宮氏はまともな審判として定評がありました。橘高氏のようなええ加減

な判定ばかりではない(笑)。そんな彼が現役中に見た選手で凄いと思ったのが落合氏とイチロー選手だそう

ですよ。

 

 

   篠宮氏が始めて球審を務めた試合、中日(当時)の落合選手の打席でアウトコースいっぱい球を

ストライクとコールしたら、落合選手に言われた言葉が「ボール半分外れているよ」だったそうで・・・、

自信たっぷりの判定を大打者に否定されたので、ずっと忘れられなかったのだそうだ。

そして晩年の落合選手が(巨人から日本ハムに移る時分)、アウトコースに外れたボールに手を出した

落合選手が「(コースは)いっぱいか?」と聞いてきたのだそうだ。審判はその問いに答えることは禁止

されているのだそうだが、とっさに「明らかに外れてます」と返答したのだそう。篠宮氏は「やはり一流選手

でも晩年は、ボールを打つこともそうだが選球眼が衰えてくるのが分かった」と言っていました。

 

   そして彼がもう一人の名前を出したのが、やはりイチロー選手でした。横浜とのオープン戦で先頭

打者のイチロー選手に対して初球インコースのボールを誤ってストライクとコールしてしまったのだそう。

篠宮氏がやばいと思っていると、イチロー選手は「今のはいっぱいですか?」と聞いてきたらしく、彼は

しかたなく「そうだ」と答えたといいます。それを聞いていた谷繁捕手はまったく同じコースを要求して

きたのだそうで、彼は「やばい、見逃されたらどうしよう」と思っていたらそのボールをツーベースにした

らしい。審判のストライクゾーンにアジャストするイチロー選手・・、やはり一流だと思ったとのこと・・・。

 

   審判も人間・・、間違いはあります・・・が大切な場面でのミスは困ります。ここぞという時には

ビデオ判定も仕方が無いというジャッジをした方がいいですね、意地を張らずに・・・、特に橘高氏!!

   皆さん、こんにちは。以前こちらで警告を鳴らしていた問題・・、中国の鳥インフルエンザですが、一向に

収束へと向かいません・・、いや、向かう気配すらない・・・。上海、北京、などから山東省、そして江西省でも

感染者が見つかり計113人、このうち死者が23人と感染が拡大しています。あと台湾でも感染者が見つか

ったようで、中国国外でも危機が迫っています。

 

 

   昨日までの中国の感染者は2市、6省で113人でしたが、まだまだ拡がっていくことでしょう(怒)。

国として機能していない中国・・、それが各市、省でも機能していないから感染がどんどん拡がる・・・。

まったく困ったものです・・。

 

   WHOは「現段階では持続的な人から人への感染を示す証拠はない」と繰り返していますが、

情報を隠すことが常識の中国・・・、収束するのはいつになることやら・・・。

 

   皆さん、中国へ仕事や観光で行く時には十分に気をつけて下さい・・・、これが流行などしたものなら

大パニックが起こります・・。

 

              「習さんよ、尖閣よりも国内をちゃんとせぇよ!!」

264月

桑田氏、怒る!!

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。昨年に起きた桜宮高校の自殺問題・・・、あれほど騒がれて重い決断をされて

いたのに今でもあちこちの部活で暴力事件が起きています。そして今度は大阪は高校野球の名門・PL

学園で上級生が下級生に暴力をふるい8月23日まで出場停止という処分を受けました。それにしても

あれほど騒がれていたのに何故この生徒たちは分からないのだろうか・・・。

 

 

              そして声を大にして怒っているのがPL学園OBの桑田氏・・・。

 

   桑田氏は「残念無念。3年生の心境を察すると心が痛い」と顔を曇らせ、そして「新しいPL野球部を

作るりあげるにはいいチャンス。ラストチャンスだと解釈している」と言い切っていました。

   PL学園は近年では01年、11年と部内暴力などで対外試合禁止処分を受けていたので、桑田氏と

してはこの新たな不祥事が許せなかったのでしょう。

 

 

   大阪は、今、大阪桐蔭の全盛期ですが、やはりPL学園が強くないと面白くない・・。名門PL学園の

復活が望まれます!!

今後のイベント

  • イベントがありません。