3110月

平成の安打製造機

Author: taizar

皆さん、こんにちは。明治大学の高山選手が100安打を達成・・、3年生でのこの記録は史上初だとのこと

です。すごい記録ですね、彼こそが平成の安打製造機だ。


明大の高山選手は先日の立大戦で100安打を達成しました。彼は日大三の出身で甲子園でも優勝を経験した

スラッガー・・。明大に入学早々から・・、春のリーグ戦から20安打を記録し、この時の打率が0,417で

リーグ2位だったとのこと。あと二シーズンが残っていることを思うと明大の先輩・高田繁氏が持つ127本と

いう記録を簡単に破るのではなかろうか・・。


東京六大学の記録を見ると、最多安打が高田氏の127本、あと有名選手の中では高橋由伸氏が119本、岡田

彰布氏の117本、そして現役では鳥谷選手が115本とランキングに上がっていますが、ベスト10には彼一人

・・、それだけすごい記録ということになります。


さて、高山選手二年後のドラフト会議には多くの球団が指名するのではなかろうか・・、関係ない私ですが注視して

いたいと思うだけど・・どうだ!

皆さん、こんにちは。政府は金と政治の問題で審議が止まっている。国民の70%は国会審議をやるべきだ

と民主党などのスキャンダルの追求にうんざりしている。


政府内には年内解散を口にするものもいるらしく・・、これってほんまかいな?


2大臣が辞任したあとも政府支持率が横ばいで、自民党を指示する者が35%で民主党は5%だという

世論調査を信じて選挙するのだろうか・・。これってあかんのと違う(笑)?


先日の報道番組「新報道2001」を見ていたら民主党から細野氏が出演していたが、彼も終わってます。

言うことがチグハグでフジテレビ報道服委員長の平井文夫氏から再三ツッコミを入れられていた。

あっ、この番組・・、この平井氏はきちんとした発言をしてはるんで見ていて気持ちいいですね。

共産党のアホの発言にもうまくさばけるし、最近では貴重な方です。


さて、本当に年内解散はあるのだとうか・・?


戦略として・・、いくつかの仮説は考えられるものの、私の見解としては「なし」ということで

ええだか(笑)?

皆さん、こんにちは。ソフトバンクの勢いが・・、CEOの孫氏の勢いが止まりません。彼が本当の

事業家なのか・・?先日も株式で大儲けしたりと驚くばかりで・・。


ソフトバンクは「インド重視」へ向こう数年で1兆円を投資するらしい・・。1兆円でっせ・・、豆腐1丁

とは訳が違います。←意味不明・・(笑)。


孫氏はインド政府に対し波長割当問題の早期解決や通信インフラの整備加速などを要請したようだが、

彼は直接この要請をインドのモディ首相にしていて・・、ほんまにこのおっさんは何もんやねんと

ひとり言を言ってしまう(笑)。


さて、このソフトバンクの勢い・・、何処まで続くのか・・。

2810月

皆さん、こんにちは。日曜の近畿大会は優勝候補の大阪桐蔭と天理が対戦しました。この試合・・、両校共に

一回戦では10点を取りコールド勝ちをしていたので、打ち合いになるかと思っていましたが、いやいや、投手戦

となった。甲子園の準決勝あたりのような戦いで、締まった守備、フェンスすれすれまで打球を飛ばす打者と

その打球を難なくさばく外野陣・・、ナイスゲームでした。結果は天理が2対1と勝ち、準決勝で平安と対戦しま

す。


さて、その平安ですが・・、格下の北大津を相手にボロボロの序盤・・、初回から守備が乱れ、簡単に1点を奪われ

ます。2回もミスから1点を失いエース・高橋くんもマウンドで首をひねるばかり・・。元気の出ない高橋くんは

6回までに2点を取られ・・、また平安打線もヒット3本のみと完全に負けムード・・。


6回まで・・北大津は7安打4得点でノーエラー、対する平安は3安打無得点で4つのエラー・・。近畿大会のレベルだと

なかなか逆転は難しいところです。この状況で逆転勝ちするとしたら両校には力の差がよほどあるんだろうな・・と

考えていたら・・、7回裏・・、平安の打者は開き直った?のか長打が連発・・、2連続三塁打、続いて2連続二塁打と

一気に3点を奪いよった・・。そして単打で1点を追加しこの回に同点・・、こうなったら北大津に勝ち目はありません。

平安は8回と9回に1点づつを入れ6対4で勝利・・。平安・原田監督もホッとしていることでしょう。


次はスキのない天理が相手です。今日のような試合をしていたら絶対に勝てない。守備でのエラーは絶対に

ダメ・・、高橋くんは不用意な一球が命取りになることを肝に命じ・・、そして打線もコンパクトな打撃を

心がけで是非とも勝ち上がっていただきたい。

2710月

皆さん、こんにちは。秋季高校野球近畿大会はベスト4が出揃いました。暇で病気の私はやはり観戦に

行っていたのですが・・、土曜日・・、応援する近江高校が立命館宇治に負けてしまった。


この試合、近江が3対1で勝つだろうと予想していたのですが、立宇治打線が絶好調で近江のエース・小川くん

から3点をもぎ取ってしまいよった。小川くんは5回で降板し、その後リリーフ陣も打たれ結果は2対6の敗戦。


近江打線も負けじとスコアリングポジションまでランナーを再三送るものの、あと1本が出ず2得点のみ。


立宇治のエースは甲子園で通用しないだろうから、全国レベルの近江の方が楽しみなのですが・・。


それにしても・・、立宇治は今、打線が絶好調であり、京都大会とは比べものになりません。このまま

決勝まで勝ち上がるでしょう。


近江高校、残念な敗戦ではありますが、滋賀1位でベスト8に残っていたので、センバツ出場は可能・・。

ひと冬超えてたくましくなった近江ナインの姿を期待しています。

今後のイベント

  • イベントがありません。