282月

花田編集長

Author: taizar

皆さん、こんにちは。元週刊文集の編集長だった花田氏は現在「WILL」の編集著として

活躍しています。時々「たかじんのそこまで言って委員会」にも出演されてますが、常識的な

発想を持つ人物。


先日のこと、彼の発言がその通りだと思っていたのですが、それは任侠道に生きる人たちとの

会話の内容だ。


「右翼民族派とヤクザが読み解く極悪テロ」と題したこの内容はIS国に対しての彼らの想いの

こと。


まずIS国と彼らの交渉の違い・・、彼らは「恐怖を利用するのは同じだけど、ガラ(身柄)を

さらうのはまだしもカネ要求は最低だな。人質交換も卑怯、我々の感覚的には恥ずかしい

やり方だ。任侠に生きる人間は侍という自負を持っている。力で奪い取るのはまれにあるが

泥棒は最低、この世界では生きていけない。」と。そしてさらわれた場合には「戸板に乗せて

返してこい。煮るなり焼くなり好きにしろ。その代り戦争だぞ」と言うのだそうだ。抗争時には

繁華街に出るなと通達を出すようだが、それでも出かける者には自己責、組員とはいえ、何と

しても返してもらうという発想はないのだそう。そして「やはり日本もやられたらやり返すという

気概がないと交渉は話にならないだろう。」と。


確かにおっしゃる通りでおます!!

272月

皆さん、こんにちは。川崎市で起きた殺人事件、噂の?少年3人に逮捕状が出たようだ。


いつ逮捕されるのかと思っていたのですが、事件発生から1週間ほど・・、ちょっと遅い

逮捕状でした。少年事件だけに慎重に進めていたようだが、どっこい、こいつらのような

あほんだらは少年法で守る必要がない!


このどアホどもの捜査は防犯ビデオの解析、交友関係者への聞き込み、そして被害者を呼び

だしたとされるライン、この運営会社から情報を取り寄せ、事件直前にやり取りした人物の

特定をしていたらしい。


さて、少年事件とはいえこれは重い罪・・、一生刑務所にぶち込むか死刑にしましょう!!

262月

皆さん、こんにちは。欽ちゃんこと萩本欽一氏が駒大へ合格したそうですね。

御年73歳・・、駒大の社会入試制度で合格したようだ。


欽ちゃんは「野球部にお笑いコーチとして入部したい」と抱負を述べていた(笑)。


受験科目は英語と小論文だったそうですが、英語なんてまったく分からなかったと

いう欽ちゃん。しかし彼特有の記憶術でこれを克服したようです。

例えばCLIMATE(気候)は「クリ待て、聞こう」なんて小話を作ったようで、

何と2500もの英単語を記憶したのだ。これにはちょっとびっくりですね。


さて、私もそろそろ英語の勉強をしないとあきまへん。何故かというと・・・、

いや、それは言えまへん、悪りぃですけど(笑)。

252月

Xバンドレーダー

Author: taizar

皆さん、こんにちは。わが故郷・京丹後市丹後町に設置された米軍レーダー・・、

このXバンドレーダーの騒音で住人が苦しんでいたようです。当初の予定音量よりも

高かったらしく、京丹後市議の皆さんが防衛省等に行き現状を報告、改善したようだ。


何事でもそうですが・・、予定通りになったり、そうではなくなったりとする。


この場合にも最初の計画からこの予想も立て準備すべきだった。何通りもストーリーを

考え、すぐに対応できるよう準備していればイレギュラーなことが起きても間髪をいれず

解決できる。


防衛省のえりゃもんは頭がええだでこれぐりゃなことは考えて実行せんとあかんど!!

皆さん、こんにちは。セクハラ、パワハラといった処分が重くなる傾向にあります。

企業ではこれが甘いと告訴に踏み切ったりする連中も出てきており、また左巻きの

人権派と名乗る弁護士どもが・・、こいつらどうみても利益を追求しているだろうと

しか思えないが・・、さかんに問題提議を行っている。


最近では最高裁が、大阪の海遊館の管理職を言葉のセクハラで処分を言いよった。


この問題が企業の価値観と判断されるようになるとひとつひとつの言葉を選びながら

発言することになる。またこの定義にしても第三者が判断するのではなく当人の気持ちで

訴えるといった極めて面倒な・・、感情での判断となるので困ったものです。


どうでもいいですが、きちっとしたガイドラインというか、感情での判断ではないものを

決めて欲しいものです。

今後のイベント

  • イベントがありません。