28June5月

高校野球・京都の名将②

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。昨日は○○高校の先生方、どうも有難うございました。

こちらには丹後のご出身が多く懐かしいお話をされていました。その中でびっくり

したのが、昨年までの4年間網野高校野球部の監督をされていた平木先生がいら

したことです。先生が着任されてからは網野高校も強くなっています。同級生の

息子(吉岡くん)もお世話になったようですよ。こちらの高校では今年の秋から

指揮をとられるとのことですので、また応援に行こうと思います。

   「水田先生、平木先生、次回はゆっくりと野球談義をしましょう。是非、お越しくださ

いますようお願い申し上げます!」

 

                    ところで・・・、

   昨日のブログは、我ながら・・文章が長過ぎました・・・・が、懲りずに今日も長く

なりますの心してお読み下さい(笑)。

 

              平安高校野球部監督の原田さん・・。

 

   特訓が好きそうな顔をしていますね(原田さん、すんません)。成美の田所監督

とは指導方法が違います。

 

   原田さんは筋金入りの(笑)平安ファンだったそうですよ。小学の頃からあこがれて

いて自転車に乗って平安の練習を見に行っていたのだとか・・・。そして中学では西京極

や甲子園まで行って試合を応援していたそうです。強い平安に憧れていた原田さんは

山根投手が投げていた京都府予選準々決勝で京都商(エースで4番の小竹さん)に

負けた平安・・。当時はロッカールームが球場の外にあり、平安側ではホームランを

打たれた山根さん(当時2年で私より二つ年上、3年では春夏連続甲子園出場を果た

す)が泣きじゃくり、反対側にあった京都商では小竹さんがワーワー言ってて、原田

さんはこの小竹さんを睨んでいたんだとか(笑)。気持ちの強い原田さんならではの

エピソードですね。

 

   平安高校を卒業後、日本新薬に入社した原田さんは仕事場でも田所さんと

デスクが隣同士だったそうです。野球では10度の都市対抗に出場してプロからも

誘われていたほどの選手でした。そして退職後の1993年に平安高校野球部監督

に就任します。

 

   就任早々から選手の意識改革(グラウンドへの入り方、帽子の被り方など基本

的な事柄)を始めます。原田さんが現役の頃は平安OBなどの叱咤激励がすごくて変

な負け方でもしようものなら、きつい言葉の嵐だったそうです。このイメージが原田さん

にはあったのですが、1994年の夏に4回戦で負けた時、球場から出る際何を言われ

てもしょうがないと覚悟を決めて出たところ、そこには花道が出来ていて「来年また

頑張れよ」と激励されたんだとか。この時原田さんは「あかん、こんなんじゃもう終わっ

とる。これやったら公立と一緒やないか!」と寂しくなり愕然としてたんだとか。

 

                ところが・・・、原田さんは・・・

       翌年、平安にはまだこんなファンがいたことを知らされます。

 

   次の年に入学してきたのが甲子園で準優勝した時のエース川口くん。彼は

1年の夏からエース番号を背負っていました。そしてこの大会1回戦で対戦したのが

ソフトバンクにいる斉藤がエースだった南京都。この試合で平安は2対5と1回戦敗退。

試合終了後に野球部長が「車を後ろに回すから裏から出てくれ」と言ってきたそう。

原田さんは何かと聞くと、「ファンが騒いどる。監督出せ~言うとるしあかん。」と部長。

原田さんは「まだそんな人ががおったんや」と思い、通常の出口から出るとそのファン

が「こら~、おっ、来よった来よった。おぇ、ちょっとこっち来い。アホ、お前1回戦で負け

やがって・・・。1年坊、放らしやがって。お前、何考えとんのじゃ、土下座して謝れ、

このアホ~!」と言われたのだそう。原田さんは「あ~ほんまにまだこんなおっさんが

おるんや」と嬉しくなったのですが・・、この人たちが酒を呑んでいて酔っていたことに

腹が立ち・・、原田さんは「もう一回言うてみぃ、こらぁ!」と言いその内の一人につかみ

かかったのだとか。そして部長が慌てて止めに入ったらしい。するとそのファンらは「そう

いうつもりで言うたんと違う。平安に勝って欲しいんじゃ。」と言い、原田さんは「お前ら

より俺の方が思うてんのじゃ!おっさんな・・・、皆一緒やんけ。俺も甲子園行きたいん

じゃ、絶対甲子園連れて行ったるわ!」と。そしてこの場面をバスの中から見つめる

ナインが・・・。それから2年後の夏、川口擁する平安は甲子園で準優勝をします。

この決勝戦が終わりアルプススタンドに挨拶をしに行った監督とナイン。ここには

2年前に酔って暴言を吐いていた「おっさん」らが涙を流しながら「ありがとう、ありが

とう!」と言っていたそうです。ほんとに熱い平安ファン・・・。実際に試合を観に行くと

観客席の方が真っ赤に燃えている時があります(笑)。

下の写真は左が甲子園出場記念ボール、そして右は応援団扇です。

   そしてもう一枚、原田監督。

 

 

 

 

 

 

            長い文章のついでに(笑)、今日の一品です。

   「京都名物まるまん豆腐とほうれん草のサラダ」。京都市下京区の「まるまん豆腐」

と新鮮なほうれん草などの野菜たっぷりのヘルシー料理です。

 

 

 

 

 

 

 

   P.S.    最後までお読みいただき有難うございました(汗)。お疲れさまでした。

        校正するだけで疲れてしまっています。それでも誤字脱字があるかな

        ・・・・(汗)。もしそうだとしても・・・、皆さん・・・、お許し下さい。

                えっ?誤字脱字はいつもあると?

                    「すんません!!」

今後のイベント

  • イベントがありません。