27June7月

高校野球・京都大会を振り返って・・・

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。京都大会も龍大附平安の優勝で幕を閉じました。この大会は台風による

延期(二日間)がありましたが、好天に恵まれ日程も消化されて行きました。例年だと、中旬には

かなり激しい雨が降り、延期となる日も多かった・・・。

 

   今年は2年生に逸材が多くいる大会でしたね。優勝した平安を始め、我が母校の網野、山城、

などなど、今年の秋季大会は熾烈な戦いが待っているような気がしてなりません・・。

 

   福知山成美のスラッガー・桑原くん、彼には甲子園の舞台で活躍して欲しかった・・。彼の才能は

ほんとに素晴らしい・・・。5秒8(50メートル)の俊足、鉄砲肩、鋭く弾丸ライナーと呼べる打撃(彼は

中距離ヒッターですね)と三拍子揃った成美史上最高の選手ではなかったかなと・・・。彼の不運は

1年の夏・・・、同級生の暴力事件で出場停止(1年生のみ)、そして2年の夏・・・、次は寮での暴力

事件・・、またまた出場停止・・・。こんな不運が重なり最後のチャンスだった今年は平安に負けて

しまいました。本当に力があっただけに晴れの甲子園で活躍して欲しかったと思います。

 

             そして、公立校の活躍と言えば・・・、山城高校・・・。

 

 

   山城高校の健闘が光りました。エース桂くんが投打の中心ですが、主将田井くんがチームワーク

をしっかりとナインに植え付けた良いチームでした。最後の平安戦では8回にエースの桂くんが一人

相撲をとってしまいましたが、1年生の岸田くんの活躍など今後に大きな自信となったことでしょう・・。

なんでも中学で岸田くんとバッテリーを組んだ選手(ピッチャー)が入部しているそうで、今年の秋には

頭角をあらわしてくるかもですよ。

 

   下の写真は左が京都大会のメンバー表、そして右はわかさスタジアムの招待券です。20日から

大風邪をひいてしまった私は一番いい試合にも行けずじまいで・・・。日ごろの行いだと自分を納得させ

懺悔の日々を送っています(笑)。


今後のイベント

  • イベントがありません。