27June1月

実り多かった錦織圭の全豪オープン

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。先日の全豪オープンテニスで、日本の錦織圭選手が準々決勝にのぞみました。

残念ながら0対3と完敗でしたが、彼にとっては実りの多い大会だったように思われます。

 

 

          グランドスラムのセンターコート・・、誰もが憧れる夢のステージです。

 

   しかし錦織くんは「センターコートというのは別に意識していなかった」と、試合後にさらりと言っていま

したね。日に焼け、精悍さを増した相貌からうかがえる感情は全身を満たす大きな悔しさと少しの安堵感が

みえました。そして「自分のプレーは悪くなかったが、メンタルもフィジカルも、このレベルで勝つにはまだまだ

足りないと改めて感じた」と錦織くん。この言葉には誇張や負け惜しみの色はありません。

 

   戦ったマリーは錦織くんがお手本としている選手らしく、このスタイルとは、力で相手をねじ伏せるので

はなく、安定したラリーと硬い守備を軸に、硬軟自在の攻撃でポイントを奪うタイプなんだとか・・・。

 

 

   「錦織くんはまだまだ22歳・・。今後も精進して是非とも頂点に立って貰いたい選手ですね。」

 

   下の写真は試合後に握手する錦織選手とマリー選手です。

今後のイベント

  • イベントがありません。