27June2月

ついに動くか・・、憲法9条の改正

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。この憲法9条の改正問題は自民党の時代から議論をしようとしても頓挫していた

ややこしい?問題ですね。今の法では、国会で三分の二以上の賛成が必要で、その後国民投票で過半数

が賛成しないと変えられません。今の国会議員の中にはこの問題について本当に真剣に考えている方々は

どのくらいいるのだろうか・・・。

 

 

   石原都知事や橋下大阪市長は、まず国会で過半数の賛成があれば国民投票へと移行できる法整備

を訴えていますね。やはり三分の二はハードルが高すぎる・・・。

 

   そしてついに具体的な文言でこの憲法改正について唱えたのが維新の会代表の橋下氏です。

 

        彼は24日に、憲法9条改正についてこのようなロードマップを示しました。

   それは、憲法9条の改正の是非について、2年間に渡り国民的な議論を行ったうえで、国民投票に

かけて決定すべきとのことです。国会の承認前に国民投票をするという法改正が必要なことではありま

すが、皆さんはいかがお考えになりますか?

 

   私は彼のスタンスに何故か頷いてばかり。その理由は説得力があるから・・・。例えば、先ほどの意

見を述べた上で、言った言葉が、「結果が出れば国民はその方向で進む。自分の意見と異なる結果が出

ても従う。これが決定できる民主主義だ」・・です。言わはる通りでおますわ・・・。

 

 

   さて・・、自民党でもこれとよく似た「憲法改正原案」を作りましたね。安倍さんも同じ意見でしょうから、

自民党の党首となり、この橋下氏と連携しながら、そろそろ本領発揮して日本のリーダーとしてもう一度

チャレンジしていただけないだろうか・・・。民主党にも同じ考えを持った方々が埋もれているに違いありませ

ん・・。前原氏もその中の一人?だったかもしれませんが、皆さんご承知の通り記者会見で特定の新聞社

を排除するなどちょっと人間が小さいし・・・・あかんかな。ただ・、「そんな意見に賛同する国会議員の力で

もって日本をよくしていただきたい!!」と思うのは私だけでしょうか・・・。

今後のイベント

  • イベントがありません。