30June8月

新型新幹線「N700A」

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。JR東海では21日、東海道新幹線の新型車両「N700A」を浜松工場で報道関係

者に公開しました。これは「自分で考える新幹線」と紹介されたようで、列車が自ら考えて加減速して現在の

平均遅延時間36秒を限りなくゼロにしたいとの考えで作り出したのだそうです。それにしても現在の平均

遅延時間36秒というのには驚かされますね・・・。日本の技術は本当にすごい!!

 

 

   今後は試運転を経て来年2月に6編成で営業運転を開始するそうですよ。そして平成25年度までに

現在の「700系」に置き換える形で、計13編成投入するとのことです。また並行して既存のN700系車両

にこの機能を搭載する改造工事も進め、27年度までに全体の7割程度の車両に導入する予定らしい。

 

 

   しかし、どんどんと機械ちゅうか内蔵されるものが進化していったらどんな世界が待っているのだろうか?

人間がいらなくなる?運転手もロボットになったりして(笑)・・・。あっ、尖閣には銃を持ったロボットに警備を

任すか・・(笑)。

 

        またしょうもないことをどんどんと言いそうなので、この辺で失礼いたします(大笑)!!

今後のイベント

  • イベントがありません。