30June10月

秋季高校野球近畿大会・京都翔英も4強へ

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。昨日は雨で順延となった準々決勝三試合が行われました。京都1位・京都翔英は

延長の末、大阪1位の履正社を破り堂々のベスト4へ進出。準決勝は京都勢同士の対決となります。また

二試合目は兵庫1位の報徳学園が大阪3位の大商大堺を寄せつけず13対0の5回コールド勝ち・・。報徳

恐るべし・・、強い・・・!そして第三試合、奈良1位の天理と大阪2位・大阪桐蔭との戦いは、大阪桐蔭

の打線が好調で小刻みに得点を重ね8対1とこちらも7回コールド勝ちでした・・。

 

    準決勝は11月3日で第一試合目が龍大附平安と京都翔英が対戦して、そして第二試合目は

大阪桐蔭と報徳学園が戦うことになりました。楽しみな二試合ですね、病気の私はまたまた観戦に行く

のでしょうか?行ってもいいですか?←誰に聞いてるんや(笑)!!

 

 

   それにしても京都翔英はよく勝てましたね・・。私の予想に反して投手戦だったようです。京都翔英の

投手陣は京都大会で打ち込まれていて、それを打線がカバーしていた・・。しかし近畿大会に入ってからは

打線よりも強豪校を抑える投手陣が目立っています。これで京都翔英もセンバツ出場確定ですね・・・・。

京都翔英は初出場となります。京都から二校がセンバツへ出場するのは1999年以来でしょう。あの

好投手・川原くん擁する峰山高校が初出場した年ですね。この時も京都3位だった平安高校は近畿大会

でベスト4に入りアベック出場となりました。

   昨日の試合内容は5回に相手の暴投で京都翔英が先制し、8回に履正社が追いつくという展開。

延長に入っても両チームともに「がっぷり四つ」・・・。そして12回に主将・山口くんの決勝打などで2点

を取った京都翔英がそのまま逃げ切りベスト4へと進出しました。ナイスゲームでしたね・・・。繰り返しに

なりますが、履正社を相手に本当によく勝ちました。勝因は何と言っても京都翔英エースの榎本くんです。

10安打を打たれながらも要所をしめて1失点と・・、ナイスピッチングでした。

 

 

   龍大附平安のエース・福岡くんも好調を維持しており、京都翔英との準決勝は投手戦になるのか?

あるいは・・・、京都翔英打線が火を噴くのか・・・。とても楽しみです・・、観戦に行こう!当然ながら網野

高校同級生で野球部OBの「二番セカンド山崎くん」と一緒に・・・(笑)!!・・・と思っていたら、先ほど

ヤマ(山崎くん)から電話があり、二人して「おぇ、準決勝は朝間の6時に行かんと座れんと違うかぇ?

どうするだ!何時に京都を出たらええだ?」と真剣に相談していました(笑)。で、最後にヤマの面白い

一言は「おやつは300円までだど!」(大笑)!!

今後のイベント

  • イベントがありません。