30June8月

緊迫するシリア情勢

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。「シリアは政府側が化学兵器を用いて自国民を殺害した」というとんでもない

ニュースが流れています。時の大統領がこんなことをする国ってどうなんやろ・・?もしこれが本当だと

したら・・、ちょっと怖くなりますね・・。

  

   シリアでは先週、ダマスカス郊外で多数の市民が化学兵器によって殺害されました。アメリカは

この首謀者が政府だと断定し、どう対処するべしかと悩んでいます。ちゅうか・・、オバマ大統領はこの辺

の決断がどうも遅い・・。イラクの時の失敗が頭をよぎるのか・・、いや、今回は断定できる材料がきちんと

揃っているらしいので、どないするのか早く決めないと・・・。それにしてもシリアって・・、なんちゅう国や!

   

   国連理事国では、米、英・仏が軍事介入に対して積極的ですが、露、中が反対しています。この

反対国はシリアに対して武器の輸出などキャッシュを得ている国々であろうと思われますが、これでは

国連の承認を得るまで待てないというのが積極的な三国の立場のようです。しかしながら自国の議会へ

の説明責任を果たすことが先決です。

  

   「ほんまに・・、アラブの国々は何をしとるんや・・ちゅう話しです。エジプトも観光資源を爆破したりと

国としてやっていけないのと違うかいな・・。まったくええ加減にせんとあきまへんなぁ・・!!」

今後のイベント

  • イベントがありません。