28June9月

丹後の歴史⑪

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。本当に涼しくなりました。もう上着が必要ですね。

九月もあと少しです。この歳になると毎日が早く過ぎて行くように感じます。

充実した毎日を過ごさないといけない・・・、と思う今日この頃です・・・。

 

   ところで・・・、秋季高校野球京都大会はベスト8が出揃いました。

今週土曜に二試合があります。北稜対福知山成美、塔南対桃山・・・。

龍大平安に初めて勝利した塔南は、監督の奥本さんの母校・桃山との

対戦です。そして日曜には京都成章対京都翔英、京都外大西対北嵯峨の

試合があります。ベスト4の予想としては、福知山成美、塔南、京都翔英、

京都外大西が勝ち上がるだろうと・・・。さて結果や如何に・・。また観戦に

行く所存でございます!

 

               では、今日は丹後の歴史を・・、

                それにしても丹後にはほんとに名所がたくさんあります。

 

   丹後町此代の「丹後松島」。間人から国道178号線を東に向かうと

筆石の海岸に高さが13メートルもある奇岩が海中から立ち上がっている

のが見えてきます。ちょうど屏風のような形状をしていることから「屏風岩」

と呼ばれています。屏風岩から沖に向けて小さな岩が五つほど一直線に

連なり、台地の亀裂の変化を物語たっています。夕日に映える屏風岩は

言葉で言い表せないほど絶景なので、写真を撮る人が後を絶ちません。

 

   此代には、日本海に突き出るような形の「犬ヶ崎」があります。

日本海の荒波によってか、自然に切り落とされた小岩と山が犬の寝ている

姿のように見えたことから、こう呼ばれるようになったといわれています。

 

   また、間人から見ると犬が遠吠えしているようにも見え、そこから犬ヶ崎

の名称がついたいう説もあります。

  

   またインヌはアイヌ語で漁場のことをさしており、それが略されてイヌの

名がついたともいわれています。この岬の周辺は絶好の釣り場であり、大物

が釣れるポイントでもあります。

 

   犬ヶ崎トンネルを抜けると「丹後松島」が見えてきます。此代から東方、

経ヶ岬の方を見る眺めは、島々が連なる素晴らしい景色です。日本三景の

一つ、「松島」にちなんでこう呼ばれるようになりました。入り江を挟むように

大きな岩が陸続きで連なっています。リアス式海岸の奇岩、怪岩が創り出し

たこの景勝地には、海水浴場があり、リゾート地としても人気があります。

 

   犬ヶ崎トンネルの東口には、丹後松島を見るのに絶好の展望所も

あります。丹後松島は京都百選にも選ばれている景勝地です。

 

   小学3年の夏休みだったか、実家のすぐ下(後ヶ浜海水浴場)からこの

犬ヶ崎を眺めていて、どうしても見に行きたくなり、近所の先輩と自転車で

行ったことを思い出しました。間人から竹野を通りこの地に向かっていて(この

間ずっと上り坂です)、途中で挫折しようとしていました。二つ上の先輩との

体力差がありすぎ(小学3年と5年では相当の体力差があります)て、おいて

いかれそうになっていました。そしてようやく到着したものの、実際にその岬を

見ると、遠くで眺めていた景色とは雲泥の差があり(ただの岩のかたまりでした)

がっかりしていたことを覚えています。

   それから帰ろうとして(今度は急な下り坂ばかりです)、自転車を走らすと

大きなカーブばかりで(行きは自転車をおして上がっていたので気がつかなかった)

びっくり・・・。そしてそのカーブを曲がりきれずに草むらに突っ込んでしまいました。

私はハンドルで胸を強く打ち、「骨が折れた~」と泣いていると・・・・、

後ろから来ていた先輩もびっくりして・・・、心配そうなふりをしていました。そして、

私の胸をさすり、「どうもあらへん」と・・。やはり心配するふり・・。それにしても

この時は危なかった。こけたところが少しずれていたら崖から下に落ちていました。

悪運の強い私です(笑)。こけた時に、ハンドルが前輪からみてずれてしまって

いたので、先輩が両腿でタイヤを挟みハンドルを直してくれました。その後は

ゆっくり(臆病になって)と帰りました・・・。

   下の写真は左が筆石の屏風岩、右が此代の丹後松島です。

 

今後のイベント

  • イベントがありません。