28June12月

政治主導を考える

Author: taizar

   皆さん、こんにちは。いや~、寒い・・、たまりません・・・。今日で今年の営業も

終了です。明日からは間人でのんびりと・・、酒を喰らってのんびりと・・しようと

企んでいます(笑)。

 

          

                   突然ですが・・、

              頭も性格も柔らかい私ですが・・、

                 ちと堅いお話を・・・、

 

   政治主導とはいったい何か?これは「理念」ですよね。政治家は方針を示し、

決断をし、責任をとる・・という意味合いだと思っていました。ところが政治主導と

ええカッコして政権をとった民主党は実体として政治家がなにもかもやるんだと

いう次元の話をしていました。これは政治主導ではなくて政治家主導・・です。

ただ、中にはこの理念を持った人材もいるのでしょうが・・、鳩山氏のような訳の分から

ない言動、管氏のようにまったく理念の見えない・・二人では・・あきまへん!

                この政治家主導とは・・、

 

   これは昨今のニュースで流れているように政務三役が電卓をたたいて予算案の

策定をする・・んじゃなくて・・・、要するに人でいうと頭脳の部分は政治家、手足と

なるものは役所というふうにするべきでした。

 

   個人的には長妻大臣がこれを実践していたような気がします。大臣が仕事の

目標を示し、それが達成できたか否かで信賞必罰を実践しようとしていたらしい。

要するに人事にも口出しをしたということです。ところが、彼は結果的に孤立

してしまったようです。総理も官房長官も一切助け舟を出さず、最後は事実上の

更迭・・。やはり官邸が助け舟を出して長妻大臣を支え、内閣に「彼を見習え。」と

指示していれば、様相はだいぶ変わっていたように思います。

 

   総理たるもの理念がないと何も出来ない。支離滅裂になる・・。日本国を

どんな国にするのか・・。これがない民主党の総理(二代ともに)には幻滅・・。

自民党も時にはそんな総理がいましたが、それを補佐する立場の方々が色々と

レクチャーしていました。

 

   このままではほんとに日本は沈没する・・。国家公務員も国のためにと

志を持ったものばかりではなく、保身のための仕事ぶりが目立つ・・。また

政治家(国、地方)もしかり・・。国民が、府(県)民の生活が著しく苦しくなって

いるのに、自分らのことばかり主張する・・。税金を給与として貰っている方々は

その時代に合った考え方をして欲しいものです。一旦給与が下がったとしても

また景気がよくなり、税収などが増え豊かになれば、また元通りの給与に戻せば

いいではないかと思います。借金まみれの国、自治体、ほんとにこのままでは

日本は沈没してしまいます・・・。いや、そうならないと気がつかないのか・・。

 

           今日は顔に似合わない真面目な話でした・・(笑)。

 

   リーダーシップのある、政治に命をかけた勇者の登場を・・・・と希望しています。

 

今後のイベント

  • イベントがありません。